宮城県涌谷町に日本初「リーガルテックのまち」を提案!~すべてのひとに法律の保護を。”ITと法律の力で人びとがもっと輝けるように”

Business Hub

コンサルティング/ビジネスマッチング

2018年7月11日、宮城県涌谷町の方々が本郷オフィスへいらっしゃいました。

私たち、ビジネスハブと法務システム研究所は、宮城県涌谷町と協力し、古民家や廃校校舎を利用したサテライトオフィスの設立を検討しています。

この計画は、社内ではシリコンバレーならぬ涌バレー構想と呼び、実現に向け事業面、設備面等、様々な観点から準備を進め、今年中の開設を目指し推進しています。

涌バレー構想は、ビジネスハブの目指す企業理念「すべてのひとにチャンスを届ける」を目指す施策のひとつです。涌谷町にオフィスができることで、東京以外であっても挑戦が可能であるというモデルケースとなり、我々の取り組みをさらに加速できると考えています。

お越し頂いたのは、

企業立地推進室 室長 大崎 俊一さん

企業立地推進室 主任 成澤 拓也さん

です。

お二方には涌谷町から東京までお越しいただき、構想実現に向け、涌谷町の直面する課題や私たちの計画など、充実した意見交換ができました。

涌谷町は年々過疎化が進んでいます。

涌バレー構想では、涌谷町の地域創生と私たちの理想実現のため、日本初の「リーガルテックのまち」の実現を目指します。

リーガルテックとは、「リーガル」と「テクノロジー」を組み合わせた造語で、情報技術(IT)を活用した法律関連サービスやシステムの総称をいいます。 涌バレー構想では、法律の保護をすべてのひとに届けるという目標のため、過疎地においてテクノロジーを生かしたアプローチを試します。

また、法律だけに留まらず、テクノロジーの力を生かして、既成概念にとらわれない挑戦を目指します。

そのような挑戦の場として、涌谷町を選んだ理由は3つあります。

•豊かな自然環境

•地元からの支援が得られる

•モデルケースとしての適正

近年、プログラミングの義務教育化が検討されるなど、IT人材の育成が国の重要課題となっています。本来、このような仕事は物理的な距離の影響が小さいはずですが、現実としては東京に集積しています。自然の中で働くことで、ワークライフバランスの向上と、それによる生産性の向上が実現できると考えています。

普段、東京で働くエンジニアが場所を変えることで、新たな発想を得られたり、生産性の向上に繋げることが期待されます。

また、地域の協力を得ることで、学生や若者へのプログラミング教育等を通して地域創生とエンジニア人材の確保につながると期待されています。

このような取り組みが、大震災を経験した涌谷町で実現することで、弊社の取り組みの加速と、東京での活動の刺激となると考えています。

ブロックチェーン開発に詳しい方、ビジネスサイドの設計計算が得意な方を探しています!

Tech Derby

テクノロジー/非中央集権型分散開発システム

22世紀のはたらき方をつくる

もっと自由で有意義な働き方にシフトしたい、世界中のエンジニア・デザイナー・クリエイター・マーケッター・セールスと、

人材不足に悩むシード・アーリーフェーズの起業家をマッチングさせ、

プロダクトの共創を促進するプラットフォームを作っています。

また、個人のパフォーマンスが資産の構築につながるようにし、起業家のイノベーションハードルを下げ、

資本や人材の独占を抑えて、スキルある個人の力を最大化させます。

ブロックチェーン開発に詳しい方、ビジネスサイドの設計計算が得意な方を探しています!

現在の主な課題は、

 ・起業家の不正行為対策と、スマートコントラクトの有効性

 ・キャッシュフローシミュレーション

 ・開発者(特にデザイナー)のパフォーマンス効果の正確な数値化

です。

現在、Pythonが得意なプログラマー兼エンジニアと、仕事の合間を縫って進めています。

ERC20やDAICO(Solidityプログラミングによるスマートコントラクト)の利用を検討中ですが、

まだ開発途上の部分が多いため、実装の技術的課題を含めてディスカッションしながら一緒に進めていけると嬉しいです!

ブロックチェーン開発に詳しい方、ビジネスサイドの設計計算が得意な方を探しています!

Tech Derby

テクノロジー/非中央集権型分散開発システム

22世紀のはたらき方をつくる

もっと自由で有意義な働き方にシフトしたい、世界中のエンジニア・デザイナー・クリエイター・マーケッター・セールスと、

人材不足に悩むシード・アーリーフェーズの起業家をマッチングさせ、

プロダクトの共創を促進するプラットフォームを作っています。

また、個人のパフォーマンスが資産の構築につながるようにし、起業家のイノベーションハードルを下げ、

資本や人材の独占を抑えて、スキルある個人の力を最大化させます。

ブロックチェーン開発に詳しい方、ビジネスサイドの設計計算が得意な方を探しています!

現在の主な課題は、

 ・起業家の不正行為対策と、スマートコントラクトの有効性

 ・キャッシュフローシミュレーション

 ・開発者(特にデザイナー)のパフォーマンス効果の正確な数値化

です。

現在、Pythonが得意なプログラマー兼エンジニアと、仕事の合間を縫って進めています。

ERC20やDAICO(Solidityプログラミングによるスマートコントラクト)の利用を検討中ですが、

まだ開発途上の部分が多いため、実装の技術的課題を含めてディスカッションしながら一緒に進めていけると嬉しいです!

世界に知り合いを作るクラウドファンディングサイトの構築をお願いできる方を探しています

proud story

教育/

はじめまして、proud storyの知夏七未と申します。

NGOでの活動が長いのですが昨年株式会社を立ち上げ、“素敵な自慢話”を通じた国際交友・交流プログラムproud storyを運営しています。

ものやお金はなくても誇り高く自分たちなりの幸せを感じながら暮らしている人たちと友達になったことが今の活動の原点で、かわいそうなイメージではなく素敵なところを発信しながら彼らが機会やお金にアクセスしやすくする仕組みを作りたい、日本など支援する側の人にも“いいことをしてあげている”という上下意識をなくし彼らと対等な友達の関係をつくってほしいという想いで活動しています。

【立ち上げたいメディアの概要】

半年前に立ち上げ現在は子供たちのビデオレター交換のような形での国際理解プログラムやパートナーと中継を繋いだ国際交流イベントを行っていますが、

少額応援型クラウドファンディングソーシャルメディアを立ち上げたいと考えています。

“自慢話を通じ、10円で世界に知り合いを作るソーシャルメディア”がコンセプトです。

proud storyは数値的にはいわゆる貧困層にあてはまるものの生きるために必要な最低限の衣食住や医療へのアクセスは可能な人々を対象としています。

また、意外かもしれませんが今の時代は水道のない村の人もゴミ山コミュニティーの人もスマホを持ち、facebookなどのSNSを使っています。

彼らと、日本などの人を知り合わせ繋げることで遠い国の人と仲良くなれるワクワク感と、

地元の若者によるコミュニティーへの良いインパクトの還元を実現できたらと思っています。

*流れは画像をご参考ください

【今後の予定と期待】

まずはウガンダの被支援コミュニティーの若者を投稿者、proud storyの今の会員メンバーを視聴者にトライアルを行いたいと思っています。

日本人にとって10円はとても小さなお金ですが、平均所得が200円に満たないウガンダの、特に農村部では大きなインパクトになります。

NGOなどの社会的支援を受けているコミュニティーでは良くも悪くも支援が大きなインパクトを持ち、コミュニティーの課題解決は外国人ボランティアと仕事として雇われた地元住民で行われがちです。

結果、賃金が払われるわけでもないコミュニティー活動への参加に消極的になり、興味があることは参加するけれどそうでなければ体力を消耗するだけだから何もしないという地元の若者がいます。

お金になる仕事の量が少ないコミュニティーに暮らす手持ちぶさたな若者が、これまではお金にならなかったコミュニティーの課題解決活動に参加することで海外から投げ銭的収入を得られたら、今よりも積極的にそのような活動に参加するようになり、自分のコミュニティーを自分の力で良くしていけるはずです。

何より、普段はなかなか知り合えないような世界中の人と知り合えたらきっと楽しくて、その友情からはきっと素敵な反応が生まれるのではと思っています。

【お願い事項】

・動画投稿機能

・オンライン決済

・バイリンガル表示・円ドル対応

がまずは必要なベーシック機能なのですが、構築のご相談に乗っていただける方がいらっしゃれば具体的なお話をさせていただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

proud story

知夏七未

世界に知り合いを作るクラウドファンディングサイトの構築をお願いできる方を探しています

proud story

教育/

はじめまして、proud storyの知夏七未と申します。

NGOでの活動が長いのですが昨年株式会社を立ち上げ、“素敵な自慢話”を通じた国際交友・交流プログラムproud storyを運営しています。

ものやお金はなくても誇り高く自分たちなりの幸せを感じながら暮らしている人たちと友達になったことが今の活動の原点で、かわいそうなイメージではなく素敵なところを発信しながら彼らが機会やお金にアクセスしやすくする仕組みを作りたい、日本など支援する側の人にも“いいことをしてあげている”という上下意識をなくし彼らと対等な友達の関係をつくってほしいという想いで活動しています。

【立ち上げたいメディアの概要】

半年前に立ち上げ現在は子供たちのビデオレター交換のような形での国際理解プログラムやパートナーと中継を繋いだ国際交流イベントを行っていますが、

少額応援型クラウドファンディングソーシャルメディアを立ち上げたいと考えています。

“自慢話を通じ、10円で世界に知り合いを作るソーシャルメディア”がコンセプトです。

proud storyは数値的にはいわゆる貧困層にあてはまるものの生きるために必要な最低限の衣食住や医療へのアクセスは可能な人々を対象としています。

また、意外かもしれませんが今の時代は水道のない村の人もゴミ山コミュニティーの人もスマホを持ち、facebookなどのSNSを使っています。

彼らと、日本などの人を知り合わせ繋げることで遠い国の人と仲良くなれるワクワク感と、

地元の若者によるコミュニティーへの良いインパクトの還元を実現できたらと思っています。

*流れは画像をご参考ください

【今後の予定と期待】

まずはウガンダの被支援コミュニティーの若者を投稿者、proud storyの今の会員メンバーを視聴者にトライアルを行いたいと思っています。

日本人にとって10円はとても小さなお金ですが、平均所得が200円に満たないウガンダの、特に農村部では大きなインパクトになります。

NGOなどの社会的支援を受けているコミュニティーでは良くも悪くも支援が大きなインパクトを持ち、コミュニティーの課題解決は外国人ボランティアと仕事として雇われた地元住民で行われがちです。

結果、賃金が払われるわけでもないコミュニティー活動への参加に消極的になり、興味があることは参加するけれどそうでなければ体力を消耗するだけだから何もしないという地元の若者がいます。

お金になる仕事の量が少ないコミュニティーに暮らす手持ちぶさたな若者が、これまではお金にならなかったコミュニティーの課題解決活動に参加することで海外から投げ銭的収入を得られたら、今よりも積極的にそのような活動に参加するようになり、自分のコミュニティーを自分の力で良くしていけるはずです。

何より、普段はなかなか知り合えないような世界中の人と知り合えたらきっと楽しくて、その友情からはきっと素敵な反応が生まれるのではと思っています。

【お願い事項】

・動画投稿機能

・オンライン決済

・バイリンガル表示・円ドル対応

がまずは必要なベーシック機能なのですが、構築のご相談に乗っていただける方がいらっしゃれば具体的なお話をさせていただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

proud story

知夏七未

フロントエンジニア募集!

自動契約アプリ《コモンズ》

士業/契約プラットフォーム

だれでも簡単に契約書が作れる契約プラットフォームを開発するフロントエンジニアWANTED!!!

《概要》

『コモンズ』は法律用語がわからなくても簡単に契約書を作成できる契約プラットフォームです。

アプリ上で取引先との契約交渉から契約作成までを一貫して行えます。

わからない事があれば即座に弁護士にチャットで相談可能なので法律に関して素人でも安心です。

私たちはあらゆる人びとへ「契約」を普及し、誰もが法律のもとに守られる時代をつくります。

《エンジニア募集》

コモンズは開発を加速するフロントエンジニアを募集しています!

ぜひ私たちと一緒に「誰もが法律のもとに守られる世界」をつくりましょう!

条件についてはご相談させていただければと思います。

《条件》

【必須要件】

・JavaScriptでの開発経験

・React, Angular等フレームワークでの開発経験

・CSSがスラスラ書けること

※当プロジェクトはMeteor.js で開発中、Reactの導入を予定

【できれば歓迎】

・サーバーサイドの開発経験

- Rails, PHP, Go, etc.

【条件】

・週2,3 〜

・時給3000円〜

・リモート可

- ただしSlack等で密なコミュニケーションが取れること

・学生可