ミッション

「シロクマを助けたい!」

これがわたしたちのビジョンです。

地球の平均気温は1906年から2005年の100年間で0.74℃(誤差は±0.18°C)上昇しています。近年気候は、これまでにないスピードで変化し、多発する異常気象が引き起こす環境の変化へと繋がっています。この影響は、氷上を主な生息地とするシロクマの生存へと大きく関わり、彼らを絶滅の淵へ追い込んでいきます。

CO2の排出が直接的原因となっていることは理解できていても、個人が改善できることは少なく、社会を巻き込み大局的な課題解決を目指す必要性があります。

そこで我々は、自分たちの持つ情報分野の知識を活かし、より社会的インパクトの大きな実業を動かしたいと考えています。

なにをやるのか

業務の自動化が進んでいない現場で、AIを活用し無駄を省いたり、安心安全な仕組みをつくる、そんな職場を作るために私たちは仕事に取り組んでいます。私たちBusiness HubAIサービスを使って改善が進んでいる例は食品工場からアパレル、求人業界まで様々です。これらの業界では、IT化すら不十分でした。これまでのITベンダーでは堅牢なシステムのために開発期間が長期に及び、費用が嵩んでしまうため、導入が進んでいませんでした。 

しかし、Business HubAI開発の場合は、クラウドを用いた弊社開発のzig-zagプラットフォームにより、導入後も継続的な改善が可能なため、導入が高速で、初期コストや組み替えコストの削減に成功しているため、中規模事業者でも活用できるという強みがあります。 

これは、新興国で起きているようなリープフロッグ現象が国内の業界間でも起きていると言えると考えています。

どうやっているのか

Business HubCEOは東京大学の現役大学生です。COOも東京大学大学院の研究室に所属しており、学生や20代の若いメンバーが中心となり運営しています。

また、Business Hubには様々な分野で活躍する優秀なサイエンティストが多く所属しています。彼らがアカデミアで学んだことを社会に還元する機会を数多く提供しています。

サイエンティストで無くてもAI技術や機械学習に興味のある、または環境問題の改善に興味のあるメンバーが集まっています。

業務内容

Business Hubは機械学習技術を用いたAIを開発するメンバーを募集しています!私たちはAI技術を用いて社会課題を解決することを目標にしています。

採用形態

インターン・学生バイト / 中途採用 / 副業・契約・委託